ウォーターサーバーはカビが生えやすい条件だらけだった!

室温=カビが繁殖しやすい温度

「ウォーターサーバーはカビが生えやすい」という噂を聞いたことはありませんか?実はその通りで、ウォーターサーバーはカビが生えやすい条件が整っているのです。

 

 

そもそも、カビの元となるものは室内に多く漂っています。そして、一定の条件を満たすとカビが発生してしまうのです。

 

 

カビが生える条件は4つあります。1つ目は、室温が10~35℃であること。2つ目は、湿度が80パーセント以上であること。3つ目は、酸素があること。そして4つ目は、埃や塵などの有機物があること。これら4つの条件が揃うと、カビが生えてしまうのです。

 

 

そのため、ボトル型のウォーターサーバーなどは、開封時に室内の空気が入り込み、これらの条件を満たしてしまう可能性があるわけです。

 

 

ボトル差込口・蛇口から菌が侵入する

ボトル型ウォーターサーバーの場合、ボトル差込口から空気が入りやすくなっているため、とくに菌が侵入しやすいと考えられます。また、蛇口の部分は人の手が多く触れる傾向にあるため、菌が付着しやすくなっています。これらの菌を放置しておくと、カビが生えてしまう可能性がありますので、こまめに手入れを行うようにしましょう。

 

 

とくに蛇口には菌が付着しやすいため、ボトル型ウォーターサーバーをご利用の方は、できるだけ毎日手入れを行うことをおすすめします。蛇口の表面は綺麗なタオルで拭き取ったり、アルコールで消毒したりするのがよいでしょう。蛇口の裏側は、綿棒などの細い道具を利用して、埃や塵がたまらないようにするとよいでしょう。

 

 

最近は、空気が入らない仕組みのタンクも存在しますので、その場合は雑菌が増えるリスクは低いと言えます。ただし、絶対に雑菌が増えないわけではありませんので、賞味期限を過ぎないように注意してください。

 

 

カビは、条件が整わなければ発生しませんので、日々の手入れを欠かさず行うことをおすすめします。

 

 

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーランキング

 

1位:Cool Qoo(クールクー)

  >>公式サイトはこちら

 

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射性物質まで除去することができるRO濾過フィルターを搭載しているタイプのものは、お子さまや猫にも安全な水を飲ませてあげることができます。

 

・2位:ピュアウェーブ

 

初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができるため、こちらも猫にぴったりのウォーターサーバーと言えるでしょう。

 

・3位:楽水

 

初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって有害物質やにおいも除去することができます。