ウォーターサーバーやミネラルウォーターは汚い!?衛生的な水は○○

ウォーターサーバーは掃除をサボると汚れだらけに

ウォーターサーバーの水には雑菌等が含まれていないため、安心して飲むことができます。ただし、ウォーターサーバーの水が綺麗でも、サーバーに汚れがついていると、水まで汚してしまう可能性があります。

 

 

水道水には、カルキなどの殺菌物質が含まれていますので、雑菌も繁殖しにくい傾向にあります。しかし、ミネラルウォーターにはカルキが含まれいないため、水道水よりも雑菌が繁殖しやすいのです。

 

 

ですから、ウォーターサーバーで綺麗な水を飲むためにも、サボらずに毎日掃除をすることを強くおすすめします。

 

 

 

ペットボトルの水も開封して放置すれば雑菌が繁殖する

ペットボトルのミネラルウォーターを飲んでいる方も多いと思いますが、ペットボトルのミネラルウォーターも放置すれば雑菌が繁殖してしまいます。先ほどもお話しした通り、ミネラルウォーターにはカルキが含まれておらず、水道水よりも雑菌が繁殖しやすいからです。とくに夏場は雑菌が繁殖しやすいため、気をつけなければなりません。

 

 

そもそも、人間の体には雑菌が多く付着していますので、いくら手を清潔に保っていても、ペットボトルに口が触れた瞬間、雑菌は移ってしまいます。ですから、ペットボトルの水は、必ずその日のうちに飲みきるようにするとよいでしょう。

 

 

 

日本の水道水は安全基準が高い!

水道水に「汚い」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、日本の水道水は安全基準が高いので、安心して飲むことができます。また、日本の水道水は硬度が高くないため、泌尿器疾患を起こしやすい猫に飲ませても問題ないのです。

 

 

硬度が高い水(硬水)には、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが多く含まれています。そのため、赤ちゃんのミルクなどに使用すると下痢を起こしてしまう可能性があるのです。

 

 

その点、日本の水道水は硬度が高くないので、赤ちゃんのミルクに使用しても問題はないと言えます。ただし、水道水には埃や塵、サビなどの不純物が含まれている可能性もありますので、水道直結型のウォーターサーバーなどを取り入れるのがもっともおすすめです。

 

 

 

塩素・カルキも除去できる!水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーのすすめ

 

1位:Cool Qoo(クールクー)

  >>公式サイトはこちら

 

初期費用18,000円(税別)
月額費用4,200円~(税別)
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金設置日和36ヶ月未満だと早期解約手数料として20,000円(税別)
撤去費用として18,000円(税別)

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射能物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、猫に安全な水を飲ませてあげることができます。

 

・2位:ピュアウェーブ

 

初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができるため、こちらも猫にぴったりのウォーターサーバーと言えるでしょう。

 

・3位:楽水

 

初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって有害物質やにおいも除去することができます。