ウォーターサーバーを使ってみなければ分からない…衛生面以外の隠れたデメリット

散らかった家に配達員を上げたくない

ボトル型のウォーターサーバーを利用する場合、頻繁にボトルを交換しなければなりませんよね。いくら無料で配達してもらえると言っても、「配達員を家に上げること」に抵抗がある人は多いと思います。とくに子育て中のご家庭の場合、どうしても家が散らかってしまいますから、人を上げたくないという気持ちは強いでしょう。

 

 

ウォーターサーバーには、水道水よりも綺麗で安全な水が飲めるというメリットがある反面、衛生面やボトル交換などのデメリットもあるのです。

 

 

 

配達日を指定してもつわり・子どもの急病で対応できないことも

最近では、ボトルの配達日を指定することができるサービスも増えています。そのため、あらかじめ予定を組むことができる人であれば、配達日に合わせて家を綺麗にしておくことも可能でしょう。

 

 

しかし、妊娠中の方や子育て中の方は、急に予定が変わってしまうことも少なくないはずです。妊娠中の方の場合、つわりで体調を崩してしまう可能性がありますし、子育て中の方の場合、子どもの急病で対応できなくなってしまう可能性もありますよね。

 

 

そのため、ボトル交換に不安を感じている方には、水道直結型のウォーターサーバーをおすすめします。水道直結型のウォーターサーバーであれば、ボトル交換が必要なく、一度取り付けるだけで水道から綺麗な水を引くことができるからです。配達日に予定をあける必要もなく、安心してウォーターサーバーが利用できますので、ストレスも軽減できるでしょう。

 

 

 

配達不要!水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーランキング

 

1位:Cool Qoo(クールクー)

  >>公式サイトはこちら

 

初期費用18,000円(税別)
月額費用4,200円~(税別)
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金設置日和36ヶ月未満だと早期解約手数料として20,000円(税別)
撤去費用として18,000円(税別)

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射能物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、猫に安全な水を飲ませてあげることができます。

 

・2位:ピュアウェーブ

 

初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができるため、こちらも猫にぴったりのウォーターサーバーと言えるでしょう。

 

・3位:楽水

 

初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって有害物質やにおいも除去することができます。