生まれてくる赤ちゃんのためにどんなウォーターサーバーを選べばいいの?

赤ちゃんにはたっぷりの水が必要

 

ウォーターサーバーの導入を検討している方の中には、生まれてくる赤ちゃんのために検討しているという方も多いと思います。たしかに、赤ちゃんには清潔な水が欠かせません。また、赤ちゃんが生まれれば、真夜中にミルクを作る必要も出てきます。そんな時、ミルク作りに時間をかけてしまうと、赤ちゃんの目が完全に冷めてしまい、余計に寝られなくなる可能性も出てくるのです。

 

 

しかし、ウォーターサーバーがあればお湯をすぐに準備できるため、赤ちゃんを待たせてしまう心配がありません。また、冷水も同時に利用できるため、素早く人肌の温度に冷ますこともできるのです。

 

 

ですから、ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクを作る上でも最適と言えるでしょう。

 

 

 

ミネラル成分が少ない軟水を選ぶべき理由

赤ちゃんは非常にデリケートなため、ミルクに利用する水の種類によっては下痢になってしまう可能性があります。とくに、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが多く含まれている硬水は、下痢になってしまう可能性が高いため、おすすめできません。できるだけ、ミネラルの少ない軟水を選ぶようにしましょう。

 

 

ミネラルは人間にも必要な成分ですが、粉ミルクにもミネラルは含まれています。そのため、わざわざミネラルの多い硬水を使う必要はありません。粉ミルクには、赤ちゃんの成長に必要な栄養素がしっかりと含まれていますので、軟水を利用するようにしてください。

 

 

 

安全性を保つために定期メンテナンスサービスは必須

ウォーターサーバーの安全性を保つためにも、定期的にメンテナンスを受けるようにしましょう。ほとんどのウォーターサーバーは、定期的に無料でメンテナンスを行っていますので、しっかりとメンテナンスを受けて清潔に保つようにしてください。

 

 

また、定期メンテナンスサービスだけで安心するのではなく、蛇口まわりは毎日掃除するようにしましょう。いくらウォーターサーバーの水が綺麗でも、蛇口に雑菌が付着していると水が汚れてしまうからです。

 

 

毎日、綺麗なタオルなどで拭き取るようにしていれば、雑菌も増えにくくなります。さらにアルコールで消毒をしておけば、雑菌繁殖のリスクも低くなりますので、日々のお手入れもしっかりと行うようにしてください。

 

 

 

軟水・ピュアウォーターが飲める水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーランキング

 

1位:Cool Qoo(クールクー)

  >>公式サイトはこちら

 

初期費用18,000円(税別)
月額費用4,200円~(税別)
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金設置日和36ヶ月未満だと早期解約手数料として20,000円(税別)
撤去費用として18,000円(税別)

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射能物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、猫に安全な水を飲ませてあげることができます。

 

・2位:ピュアウェーブ

 

初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができるため、こちらも猫にぴったりのウォーターサーバーと言えるでしょう。

 

・3位:楽水

 

初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって有害物質やにおいも除去することができます。